Discourse フォーラムを別のサーバーに移行する

このチュートリアルでは、Discourse フォーラムを新しいサーバーに移行する手順を説明します。現在のフォーラムのバックアップ、新しいサーバーの準備、新しいサーバーへのバックアップの復元に必要なステップを説明します。

さらに、DNS の設定と、移行プロセス中にユーザーに影響がないことを確認する方法についても説明します。このチュートリアルが終了する頃には、Discourse フォーラムの新サーバーへの移行が完了していることでしょう。

それでは、Vultr(旧サーバー)からDigitalOcean(新サーバー)へDiscourseを移行した方法を紹介します。

前提条件詳細

  1. 旧Discourse管理者アカウントへのアクセス
  2. ドメインDNS管理者へのアクセス
  3. 旧サーバーと新サーバーのSSH認証情報
  4. Transactional E-mail サービスのログイン情報です。

Step 1. 古い Discourse のローカル バックアップを作成する

まず、ローカルストレージを設定し、バックアップの設定にサムネイルを含める必要があります。このステップを踏まないと、私は本当に恐ろしい経験をしました。私はこれを苦労して学びました。

image 1
Settings

バックアップの作成

image 2
次のステップでは、このバックアップを新しいサーバーにリストアします。

ステップ2. DigitalOceanでサインアップ 🎉

🎁 60日間、200ドルのクレジットを得ることができます。

ステップ3. DigitalOceanで新しいDropletを作成する

  • Choose an Image > Distribution: Ubuntu 20.04×64
  • Choose a plan > Shared CPU (Basic)
  • CPU Options > Premium AMD with NVMe SSD
  • Plan: 1 GB / 1 AMD CPU, 25 GB NVMe SSDs, 1000 GB transfer
  • Choose a datacenter region > Banglore, India
  • Authentication: SSH鍵の使用を推奨します。既存の公開鍵を選択するか、PuTTyGenで新規に生成してください。
  • Select Additional options: バックアップを有効にする(オプションで推奨)
  • Hostname: Discourse
  • Click on Create Droplet

ステップ4. DigitalOceanサーバーのIPにドメインを指定する

  • IPV4アドレスにAタイプレコードを使用する
  • IPV6アドレスにAAAAタイプレコードを使用する(オプション)
image 3

Paso 5. Instalar Discourse en DigitalOcean

こちらの手順を参考に、新しいDiscourseをインストールしてください。

  1. Windowsの場合、SSH、PuTTyで新しいServerに接続します。
  2. Docker / Gitのインストール
  3. Discourseのインストール
  4. 電子メールの認証情報を準備しておく
  5. Discourseの設定を行う
  6. この処理には、最大5分かかることがあります。
  7. メール確認
  8. 新しいDiscourseにログインする

ステップ 6. Discourseの設定に移動します。

復元を許可するを有効にする。

cd /var/discourse
./launcher enter app
discourse enable_restore
image 5
有効にする 復元を許可する

ステップ7.バックアップファイルを移行します。

旧サーバーにSSHで接続し、バックアップ先に移動する

cd /var/discourse/shared/standalone/backups/default & vdir

これで、tar.gz 形式のバックアップファイルが表示されます。ファイル名をメモしておきます。

blogging-forum-for-beginners-and-advanced-bloggers-hgk-2019-07-27-062206-v20190717133743.tar.gz
  • 以下のSCPコマンドと同じファイル名を使用する必要があります。
  • また、192.168.1.1をご自身の新しいサーバーのIPに置き換えてください。
  • Also, replace 192.168.1.1 with the IP of your new server.
scp *.tar.gz root@192.168.1.1:/var/discourse/shared/standalone/backups/default

このように出力されます。

The authenticity of host '192.168.1.1 (139.180.139.234)' can't be established.
 ECDSA key fingerprint is SHA256:WTiKVipml0QKCjAzFyk6/fEh8/MI8K8vtv+2QZ54sc0.
 Are you sure you want to continue connecting (yes/no)?
  • yesと入力し、Enterキーを押す。
  • 次に、パスワードを入力します。
    ヒント:(右クリックでパスワードを入力する。Enterを押してください。パスワードは見えなくなります。)

ステップ 8. 新しいDiscourseにログインする

  • Backupsに移動し、バックアップファイルが表示されます。😄
  • 旧サーバーから持ってきたファイルをリストアする。
image 6
バックアップファイルの復元

重要:復元はターミナルで行うことをお勧めします。

cd /var/discourse
./launcher enter app
discourse restore blogging-forum-for-beginners-and-advanced-bloggers-hgk-2019-07-27-062206-v20190717133743.tar.gz

ステップ9.送信メールを有効にする

enable email discourse

🎉 おめでとうございます。完了です!😊

S3を使うのはコストがかかるので これは、私が考えつく最も手頃で簡単な方法です。

この処理では、ローカルでのダウンロードやアップロードは必要ありません。この方法でインターネットのデータを節約することができます。

もし、これが好きなら、共有、または何か質問がありますか?下記をご参照ください。

参考: コマンドラインからDiscourseをバックアップ/リストアする – Meta

もっと知りたい?
毎日チュートリアルが送られてくることを想像してみてください。それはとても素晴らしいことです。今すぐ登録する。

コメントする